In: ブラックジャック

ブラックジャック
ブラックジャックの遊び方
November 17, 2020

ブラックジャックは、ポーカーの次に人気があり、至る所で遊ばれているカードゲームです。世界のどこにでもファンがいます。ブラックジャックを覚えるのは簡単ですが、ギャンブルマニアにとってはかなり奥が深いゲームです。ブラックジャックの歴史は、18世紀のフランスにまでさかのぼり、さまざまな社会階層を超えて人気のある遊びでした。最終的には、人々の日常生活まで浸透していきました。ブラックジャックには、異なるルールの種類が存在しますが、どのルールも似ています。 パック ブラックジャックでは、通常、52枚のカードを1デッキとして使用します。しかし、最もポピュラーなのは、ディーラーが6デッキをシャッフルするものです。カードはボックスから配られて、ディーラーはデッキを持たずして、そのボックスからカードを取り出せます。 目的: ブラックジャックの主な目的はシンプルです。このゲームで求められるのは、ディーラーを倒すことだけです。ゲームの敵はディーラーであり、ディーラーよりも良いカードを持っていれば、勝ちになります。  ディーラーに勝つには? ディーラーに勝つには、3つの方法があります。1つ目は、ディーラーの手札よりも大きい数字の手札を引くことです。2つ目には、ディーラーが「ナチュラル21」よりも大きい手札を引くと、勝ちになります。最後の3つ目は、最初の2枚のカードで21を引くことです。21を超えてしまった場合や、ディーラーの点数がより高かった場合は、負けになります。勝つためには、21以下の数字かつ、より大きい数の組み合わせを手に入れなければいけません。 数字の見方 それぞれのカードの数字は、書かれてある通りです。2から10までは数字通りの値になりますが、絵札は10としてカウントされ、エースはゲームの条件に応じて1か11にまで異なります。 賭け金: 賭け金の上限は、テーブルごとに異なります。賭ける前に知っておくとよいでしょう。プレイを始める前に、賭け金を置かなければいけません。テーブルの上に、専用の四角形が描かれており、そこに賭け金を置くことができます。 プレイヤーに配られるカード: テーブルにいる全員が、最初のベットをしたら、次にカードを受け取ります。最初のカードは、表面に向けて配られ、ディーラーは自分のカードを1枚伏せたまま引きます。次に、ディーラーがもう1枚カードを配りますが、今度はプレイヤーのカードだけでなく、自分のカードも表面を向けます。プレイヤーは、ディーラーのカードを見ることができます。配られたカードの種類によって、スプリットするか、ヒットするか、サレンダー(降伏)するかを決めることができます。日頃からプレイしている人にとっては、実に奥が深いゲームです。 まとめ: ブラックジャックは、プレイが簡単で、理解しやすいゲームです。複雑なルールはありませんが、マスターするには時間がかかります。唯一の注意点は、バンクロール(資金)に気をつけなければならないということです。お金は賢く使うようにしてください。

Read More